飲んで15分ですぐ勃起! ステンドラはネット通販でゲットしよう

ステンドラとは

ステンドラは、アメリカのヴィヴァス社が開発した、アバナフィルを有効成分とするED治療薬です。
2012年に製品化されたステンドラは、服用15分後には効果が出る、即効性の高い薬です。
バイアグラ、レビトラ、シアリスに次ぐED治療薬として注目されるステンドラは日本では未認可ですが、海外から通販で簡単に購入できます。

ステンドラの効果

ステンドラは、ED(勃起不全)治療薬です。
「アバナフィル」という物質がペニスの血管を拡張し、勃起を促します 。

■血管を広げて勃起を促す
脳は性的な刺激を受けると信号を発信し、この信号でペニス周辺の筋肉・心血管が拡がります。
すると、ペニスの海綿体に大量の血液が流れ込み、勃起します。
ステンドラの有効成分であるアバナフィルは、血管拡張作用を持ちます。
このアバナフィルがペニスの血管を拡張させ、勃起を発生・維持させているのです。

■ステンドラは媚薬ではない
注意点としては、ステンドラは媚薬ではないということです。
ステンドラを飲んでも、次のようなことは起きません。

  • 気分がムラムラしてくる
  • 精液量が増える

ステンドラの特徴

ステンドラは、主成分のアバナフィルを日本の田辺三菱製薬が開発し、権利譲渡で2012年にアメリカのヴィヴァス社が発売しました。
ステンドラと、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬には、どのような違いがあるのでしょうか。

■ステンドラは即効性が高い
ステンドラは、服用して15分後には効果が出ます 。
他の薬の中で一番早いレビトラでも、効果が出るのに30分程度はかかります。

■高脂肪食との相性が悪い
ステンドラは、脂肪を多く吸収します。
そのため、脂肪分の高い食事をした後に飲むと、効果が出にくくなることがあります。

■効果時間はそこまで長くない
ステンドラの効果時間は3~6時間程度です。
シアリスやレビトラよりは短く、バイアグラと同じくらいですね。
飲んですぐ効果が出るため、効果時間が短いことはあまり気にならないかもしれません。

ステンドラの副作用

ステンドラは副作用が弱い薬ですが、念のため副作用を確認しておきましょう。

■ステンドラの副作用一覧

  • 目の充血
  • 頭痛
  • 顔のほてり
  • 鼻づまり
  • 動悸
  • 血圧の低下
  • 視覚障害

副作用はステンドラの持つ、血管を広げる作用によって発生します。
副作用は2~3時間で治まることがほとんどですが、気になる場合は医師に相談しましょう。

■重い副作用は医師に相談
ステンドラ服用後、ごくまれに重い副作用が発生することがあります。

  • 4時間以上痛みを伴う勃起が続く持続勃起症(プリアピズム)
  • 急激な視力低下(非動脈炎性前部虚血性視神経症)

このような副作用が出たときはステンドラの使用を止め、医師に相談しましょう。

ステンドラの飲み方

ステンドラを服用する際は、副作用を避けるため、正しい飲み方を守りましょう。

■服用対象

  • 20歳以上

■服用回数

  • ステンドラ1錠を1日1回

■服用量

  • 初回は50mgを服用
  • 効果が出ない場合、100mg錠または200mg錠を使用

■服用のタイミング

  • SEX の15~30分前
  • 服用間隔は24時間以上空ける

ステンドラは服用後、15~30分程度で効果が現れはじめます 。
服用後は3~6時間は効果が持続します。

■食事の影響はない
ステンドラは、脂との相性が悪い薬です。
ステンドラを使用する時は、脂っこい食事は控えましょう。
また、食後のステンドラ服用は問題ありません 。

■こんな飲み方はNG
副作用が強くなるため、以下のような飲み方は止めましょう。

  • 1日にアバナフィル200mg以上の摂取
  • 服用間隔が24時間未満

ステンドラの注意点

ここでは、ステンドラと併用できないもの(併用禁忌)と、併用には注意が必要なもの(併用注意)について紹介します。
ステンドラは他のED治療薬よりも併用できない薬が多いため、必ず目を通しておきましょう。

併用禁忌

以下の薬とステンドラを併用しないでください。

■硝酸剤・NO供与剤
血圧を下げる薬で、併用で血圧が下がりすぎることがあります。
ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硫酸イソソルビドなどが該当します。

■アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
抗不整脈薬です。
併用することで、心臓発作などの可能性があります。

■効果の強いCYP3A4阻害剤
ステンドラの代謝を阻害し、併用で副作用が強くなります。
該当するのは以下の薬です。

  • 皮膚炎治療薬(ケトコナゾール)
  • HIV治療薬(リトナビルなど)
  • 肺炎・気管支炎治療薬(クラリスロマイシンなど)
  • 抗真菌剤(イトラコナゾール)
  • ヒト免疫不全ウイルス(ネルフィナビル)など

併用注意

以下の薬と併用する場合、ステンドラは50mg錠から使用しましょう。
もし副作用が出たらステンドラの服用は止めてください。

■中程度のCYP3A4阻害剤
ステンドラの成分の代謝を遅らせ、副作用が強く現れる場合があります。
該当する薬は以下のとおりです。

  • HIV治療薬(アンプレナビルなど)
  • 抗悪性腫瘍剤(アプレピタント)
  • 高血圧治療薬(ジルチアゼム)
  • 抗真菌薬(フルコナゾール)
  • 抗不整脈薬(ベラパミル)など

■CYP3A4誘導剤
ステンドラの代謝が進み、効果が弱くなります。

■降圧剤、α遮断薬
併用で急激な血圧低下による、めまいやふらつきが起こる場合があります。

■グレープフルーツ
CYP3A4阻害薬と同様に、ステンドラの代謝を遅らせます。

その他

以下に該当する人は、ステンドラの服用を避けましょう。

  • 重度の肝機能障害、腎機能障害、人工透析を行っている
  • 低血圧
  • 高血圧
  • 半年以内に、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、心臓の手術を受けた
  • 病気で性行為を制限されている(心血管障害など)
  • 血液細胞の障害がある(多発性骨髄腫、白血病、鎌状赤血球貧血など)
  • 服用後、アレルギー反応が出た

これらのような持病がある場合は医師と相談の上、ステンドラを使用しましょう。

ステンドラの入手方法

国内では、ステンドラは2通りの方法で購入できます。

  • 病院処方
  • 海外からの通販(※正確には個人輸入といいます)

通販の方が価格などでおトクです。
それぞれの方法にメリットやデメリットがあるため、紹介します。

病院処方

ステンドラは日本では未承認の医薬品です 。
そのため、日本でステンドラを扱う医療機関は限られています。

■販売には厚労省の許可が必要

日本では未承認の医薬品でも、医師が患者の治療目的に輸入することは許可されています。
そのため、医師がED治療のために、ステンドラを輸入して処方することはあります。

■コストが高額

ステンドラを医療機関から購入するメリットは、医師の診察を受けられることです。
しかし、それ以上にデメリットも多くあります。

  • 取り扱う医療機関が少ない
  • 処方には医師の診察が必須
  • 治療費は健康保険の適用外

ステンドラを扱う医療機関を探すだけでも一苦労です。
もしクリニックを見つけても 、通院と診察だけで相当な金額を支払うこともあります。

通販(個人輸入)

ステンドラは通販で購入できます。
日本では個人利用に限り、医薬品を海外から通販で購入することが許されています。
この場合、転売や譲渡は違法なのでご注意ください。

■ステンドラの購入は通販がおすすめ
ステンドラは通販で購入した方がお得に購入できます。

・手軽に買える
注文はインターネットでカンタンに行えます。
わざわざ「ステンドラを扱う医療機関」を探す必要もありません。

・安い
診察や医療機関への通院が不要になり、その分金額が安くなります。

■偽物には要注意
もちろん、通販を使う上でデメリットもあります。

・届くのに時間がかかる
海外から輸入するため、届くのには少し時間がかかります。

・偽物が流通している
ネット上にはステンドラの偽物が流通しています。
偽物にはアバナフィルを含有しないものや、不衛生なものもあります。

偽物を買わないためにも、以下のようなサイトを選びましょう。

  • 通信を暗号化している(https://~で始まるURLのサイト)
  • 成分鑑定書を開示している
  • 運営者情報が明記されているなど

ステンドラのジェネリック

ステンドラは、通販で安価に購入できるジェネリック医薬品があります。
正確にはステンドラと全く同じ成分のコピー薬で、通販で合法的に購入できます。
ここでは、代表的なステンドラジェネリックについて紹介します。

アバナ

アバナは、インドのサンライズレメディー社が製造するステンドラのジェネリックです。
100mg錠で1錠あたり323円と、安価に購入できます。

■合法的に作られたコピー薬
厳密にはアバナはステンドラのジェネリックではなく、合法的に作られたコピー薬です。
医薬品は普通、「製法特許」と「成分特許」という2つの特許を持ちます。
ところがインドでは、医薬品の製法特許だけを認めています。
つまり、作り方を変えればコピー薬を合法的に作ることができます。

アバナは、日本では通販で購入が可能です。

スーパーアバナ

スーパーアバナは、早漏に効く有効成分「ダポキセチン」をアバナに加えたもの。
アバナ同様、インドのサンライズレメディー社の商品です。

■1錠630円でED・早漏対策を両立
スーパーアバナの価格は、1錠あたり630円程度。
早漏治療薬の代表的なブランドであるプリリジーが、1錠2,200円以上するのに比べると圧倒的に安価です 。
スーパーアバナは、630円でEDと早漏の両方を治療できます。

スーパーアバナも、通販で購入が可能です。

ドラスマ

ドラスマはインドのレクメズ社が作るED治療薬です。
ドラスマも、基本的な成分はステンドラと変わりません。
価格は一錠あたり315円程度と、格安に購入できます。

■日本人に合わせて調合
レクメズ社は薬を輸出する国に合わせて製品開発をしています。
製品だけでなく、日本語が書かれたパッケージも日本人が納得するクオリティのもの。

ドラスマも、ネット通販で購入することが可能です。

1件のコメント

ただいまコメントは受け付けていません。